10年先のことを考えたお家づくり – 新築は平家工房防府|株式会社AE・HOME

平家工房防府。山口県防府市の株式会社AE・HOME(エーイーホーム)

top contact
facebook instagram nav-icon
close-icon

10年先のことを考えたお家づくり

2020.10.15


Yさま邸:ご夫婦2人

今回、ご夫婦お二人でお住まいのお宅にお邪魔しました。

建てられた場所は山や川、そして田園のあるとてものんびりとしたところです。

お家づくりの思い出や、住まわれてからの想いなどをご夫婦からお聞きしました。

■お家を建てようと思ったきっかけは何ですか?


(ご主人)

立ち退きですよ。

長く商売をしているので、住んでいる場所を離れることは二人とも考えていませんでした。

住んでいた家を建て替える方向で話を進めていました。

 

■「平家工房」をどうやって知りましたか?


(ご主人)

はじめから平家を建ててくれる会社を探していました。

平工房は知人からの紹介です。

その知人も、平家工房で家を建てていて「すごくいいよ」って薦めてくれたんです。

だから「これは話を聞いてみなくては!」って思ってね。

 

■多くの住宅メーカーがある中で「平家工房」を選ばれた理由はなんでしょうか?


(奥さま)

担当さんの笑顔!(笑)

きちんと話を聞いてくださったのは、平家工房だけでした。

(ご主人)

平家工房を知るまで、住宅展示場や現場見学会を何件も見に行きました。

でも皆、大きくて立派な家ばかりで…

それに自分たちが希望する「小さな平家」の話は、どの営業マンもちゃんと聞いてくれないしね。

そんな時、知人に紹介してもらったのが平家工房だったんです。

 

■家を建てる際、どんなところに気を配りましたか?


(奥さま)

10年先のことも考えた家づくり!

これからは歳を重ねていくうちに生活もどんどん変わりますからね。

トイレの位置などはしっかり考えました。

譲れなかったのは、対面キッチン。

部谷が狭くなるという主人と何度も押し問答(笑)

最後は私の勝利!対面キッチンは主婦が孤立せず作業できますもんね。

(ご主人)

そうだね~。

対面はコミュニケーションがとりやすい。

ただ、ケンカした時はちょっと気まずい雰囲気…

この家の間取りは、私が10回ぐらい書き直ししています。

窓の大きさや部屋の広さなど、前の家のことを教訓にしながら考えました。

本来なら、一つになる部屋を建具で仕切っています。

こうして暖房や冷房の効率をよくしていますし、子どもたちが帰ってきた時は

建具を開放して広く使っています。

 

■実際に住んでみて良かったところ、こうすれば良かったと思うところを教えてください。


(ご主人)

前に住んでいた家より暖かく、窓の結露がなくなったことを喜んでいます。

自分で練りに練った間取りなのでとても満足していますよ。

こうすれば良かったと思うところは、スイッチの位置。

平面図ではなかなかイメージがしにくいので、ある程度は仕方のないことなのかな。

(奥さま)

ご近所さんや知り合いに「本当に平家なの?」って、よく聞かれます。

外観も少しこだわっていますからね。

かっこいい平家で満足しています。

 

■感想を遠慮なくお願いします。


日本の気候にあっているのは、やっぱり木造。

歳を取ったら「コンパクトな平家」

これに尽きますね。

 

 

お家づくりの思い出話ができて楽しかったです。

ありがとうございました。